堀りょういちの3つの街づくり計画

1.嘘のない支援で、子育てにちゃんと寄り添う街へ。


公共サービスを見直し、子どもの居場所の多様化を実現。
  • 児童図書館を総合型子育て支援施設へ
  • 児童虐待防止に必要な専門職員を増員

  • 家庭と学校以外の第3の居場所を増やす


子育て中の働きやすさを増やし、 各世帯の負担を減らします。
  • 在宅ワークや時短勤務など、多様な働き方を推進する企業の応援制度を導入

  • 子育てシェアや病児保育・障害児保育を拡充


常に現場の声に耳を傾け、対策をアップデートし続けます。
  • 改善提案・悩みなどを共有できる窓口を設置

  • 現役ワンオペ子育てパパとして、今現場で必要とされる政策をいち早く提言


2. 幅広い世代が交流し、いくつになってもいきいきと暮らせる街へ。


全世代がともに学べる場を設け、地域で活躍できるように。
  • 人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す人に学ぶ場を提供

  • 上記人材と企業・団体とのマッチングを実施


異なる世代が見守り合いながら、安心して暮らせる街にします。
  • 学校の空き教室などを活用し、小中学生とシニア世代が交流できる機会を創出

  • 多世代が切磋琢磨できるクラブ活動を推進


育児と介護が同時に訪れる時代、地域で家庭を支えられるように。
  • 気軽に相談できる「なんでも相談窓口」を設置

  • 認知症サポーター育成をさらに進め、認知症の方も安心できる街づくりを推進 


3. ずっと住みたい街、100年後も輝く横須賀へ。


行政の無駄をなくし、次世代にツケを残さない政治を。
  • ITで行政を効率化し、余剰財源で子育て・高齢者福祉を拡充

  • 議員定数を35まで削減


横須賀らしさの価値を再定義し、住んでいることを誇れる街に。
  • 商店会等と連携し観光資源のブランド力強化

  • 教育過程で地域活性化施策への次世代参画を促し、街への愛着を深める機会を提供